トップページ > 学生生活 > 先輩からのメッセージ
学生生活

先輩からのメッセージ~准看護師を目指す方へ~

金子 るり子
東小樽病院
看護主任
「家族、職場の先輩、友達、学校の先生に支えられた学校生活」
 自分や母の入院を通し、看護師になりたいと夢を抱きました。日中仕事をして夜に学校に通うのはとても大変でしたが、家族、職場の先輩、友達、学校の先生に支えられ2年間はあっという間に過ぎました。中学・高校では勉強はあまり好きではありませんでしたが、看護の専門的な知識を学ぶことは別物でした。振り返ると授業が終わり帰りの雑談の中、"最近どう?"と先生が時々声をかけてくれました。そんな数分でその時の不安が消え帰宅できていたと思います。仲間は様々な所で活躍しています。一緒に頑張った仲間だからこそ、その姿が励みになります。看護師になった後も学びの場は続きますが、患者様や仲間との関わりの中で、自分も成長させてもらえる素敵な職業です。
佐治 明美
小樽市立病院
看護主査
「看護師は人として大きく成長することができる職業」
 看護師は、患者さんや家族と関わる中で、人として大きく成長することができる職業です。患者さん一人一人の状況は異なり、生涯、学びの尽きることない職業といっても過言ではありません。入学後は先生方の指導のもと、看護師の基盤となる知識・技術・態度を学び、興味のある分野を追求してほしいです。
 患者さんや家族に寄り添い、安心感を与えられるような看護師になってくれることを願っています。そして、いつの日か一緒に仕事をしましょう。
田中 利幸
いしばし病院
看護主任
「准看護師を目指す最初の一歩が大事です」
 皆さんが准看護師を目指す動機はどのようなものでしょうか。私は「誰かを助ける仕事がしたい」という、高い志しを持って看護師を目指したわけではありません。しかし看護をしていくうちに患者様から「ありがとう」「また頼むね」と声を掛けられると、自然と「困っている人を助けたい、役に立ちたい」と思えるようになりました。最初の動機が大事なのではなく、まずは准看護師を目指す最初の一歩が大事だと思います。働きながらの学校生活は大変な事ですが、同じ目標を持った仲間が沢山います。そして進んだ先に、きっと素晴らしい体験が沢山待っています。踏み出した一歩を忘れずに、勉学に励んで下さい。
実習で会える事を楽しみに待っています。
本庄 湖奈美
平成29年3月
卒業
「同じ目標を持つクラスメイトと励まし合い乗り越えた2年間」
 私は入学する前から看護助手として働いており、この学校を卒業した先輩方から、仕事と学業を両立する大変さを聞いていました。そのため、自分は両立できるのか、実習は乗り越えられるかなど、体力的にも精神的にも不安はたくさんありました。しかし、実際に2年間を過ごしてきて、今、感じるのは大きな充実感です。専門性の高い授業はとても楽しく、実習では患者さまとの関わりのなかで看護の奥深さについて学ぶことができました。大変な時もありましたが、優しい先生方のサポートや、同じ目標を持つクラスメイトと励まし合い乗り越えることができました。准看護師を目指したい気持ちがあるなら、ぜひ挑戦して欲しいです。
坂本 将志
平成28年4月
入学
「一緒に看護師の道を歩んでいきましょう」
 入学当初は、午前中看護助手の仕事をしてから学校へ行くことに両立できるか不安でしたが、講師の方々や教員の熱心で丁寧な指導、プロジェクターを使用したわかりやすい授業や、困った時や悩みごとにも親身になって相談に乗ってくれますので、いつの間にか不安も消えて楽しく学んでいます。同級生は年齢や立場も違いはありますが、同じ目標に向かって切磋琢磨できる心強い存在です。新しい道へ踏み出そうとする時、不安のほうが大きいと思いますが、自身の可能性を信じて進めば、険しい道も乗り越えていけると思います。一緒に看護師の道を歩んでいきましょう。

(c)OTARU MEDICAL ASSOCIATION All rights reserved.