トップページ > 学生生活 > 先輩からのメッセージ
学生生活

先輩からのメッセージ~准看護師を目指す方へ~

久米田 昌英
小樽市立病院
認知症看護認定看護師
私が看護学校に入学したのは22歳の時でした。医療や福祉とは関係のない職場から一念発起してのことです。当時は看護助手として昼間働き、夜は学校に行って勉強する形式でした。その後は進学し、看護師の免許を取得しました。社会福祉や心理学の勉強をするため通信制の大学も卒業し、48際の時には、認知症看護認定看護師の資格を取得し、現在にいたっています。
長年かけてこれからの学びをしてきましたが、知らないことをもっと知りたいという欲求が突き動かした結果です。また、学んでいる間は充実感があり、楽しい思い出ばかりです。
多様な経歴を持つ多くの人たちと共に過ごした学びの時間は、社会人としての自分を形成した大きな財産になったと感じています。
看護師として、また、社会人として少しずつ積み上げてきた原点は、多様な年齢と経歴を持った人たちが集まっていた小樽市医師会看護高等専修学校時代にあるように思います。
野上 博司
小樽協会病院
看護師長
私が看護師になると決めたのは、看護師である親戚たちが治療中の祖父の症状を理解し、楽にしてあげようと関わる光景を見たからです。「病気で辛い思いをしている方の力になりたい」と思い、看護学校に入学しました。看護学生時代のことは、今でも大切な経験です。先生からの指導の言葉、大切な仲間と出会い、共に励まし合い乗り越えた勉強や実習、社会人としての学びなど、私を成長させてくれた場所だと実感しています。
看護師になっても学びは続きますが、努力した分は沢山の患者さんの看護を行えることへとつながります。看護師はやりがいのある仕事と感じる理由は、大変なこともありますが、患者さんへ看護を行っているつもりが、逆に患者さんから元気を沢山もらえているからだと思います。
皆さんも看護師の仲間となり、一緒に看護を行えることを楽しみに待っています。そして、病気で辛い思いをしている方の力になりましょう。
中山 優子
済生会小樽病院
看護係長
准看護師を目指す動機は人さまざまにあると思います。私の中学校、高校時代は部活の日々で、勉強も得意ではありませんでした。人との関わりから感動できる仕事、一生の仕事として技術、知識を身につけたいと考えて、准看護師を目指しました。入学できた喜びと、看護補助者として白衣に袖を通したときの緊張感は今でも鮮明に覚えています。朝から夕方まで看護補助者として働き、夜に勉強をするのは睡魔との闘いでしたが、共に同じ道を目指す仲間がいて、年齢差のある同級生から刺激を受けることも多く、看護補助者をしながら学ぶ環境は自分にとっては良かったと思っています。それは日々、臨床で看護を身近に見て患者さんと触れ合い、看護師から指導を受けることにより、学校での授業とリンクし、学びを深めることができたからです。
看護は学ぶことが尽きることはありません。准看護師を目指すために、困難があるとすれば、それには意味があり、これからの経験が全て糧であり、努力は決して無駄になることはありません。皆さんが看護の専門職として、今よりも更に良い看護を目指す仲間となるその日を楽しみに心から応援しています。
伊部 やよい
小樽掖済会病院
主任看護師
働きながら学校に通うことは大変ですが、臨床の現場を経験しながら学べることの意味はとても大きかったと感じています。学校では看護師の先輩である先生方の講義を受け、クラスメイトと様々な情報交換ができ、看護師になるんだ、という準備もできていきます。
忙しくても同じ目標を持った仲間がいることはとても心強く、励まし合いながら充実した2年間を過ごしました。
日々、医療の現場は変化しています。看護師になってからが学びの本番と言っていいほど、学び続けなければなりません。患者さん、ご家族のために何ができるかを考え、ゆきとどいた看護を提供するために学び続けることで自分も成長できます。
2年間、頑張ってください。そして、いつか一緒に働けることを願っています。
髙橋 彩巳
63期生
平成31年3月
卒業
学校生活に20年のブランクがあり、勉強嫌いを自認する私が、仕事や育児と両立しながら2年間もの長い間勉強を続けることができるのか、入学前からとても不安でした。いざ学校生活が始まると、年齢や准看護師を目指す動機も様々な仲間からの刺激を受けることで、自分にできることから少しずつ頑張ろうと意欲が湧いてきました。
また、臨床の現場にて第一線で活躍されている医師や看護師が講義をしてくれるため、教科書だけでは知り得ない多くのことを学ぶことができました。勉強や実習は、辛く苦しい時もありましたが、ひとつひとつ乗り越えながら、何歳になっても人は成長することができるのだと実感することができ、自分の自信にもなりました。
年齢や自分のおかれている環境を鑑みて、看護師への道を目指すことを迷っている方がいたら、諦めずに一歩を踏み出して頂きたいと思います。一人では困難なことでも、家族や先生や仲間の支えとともに、目標を達成することができるはずです。
細川 龍之介
64期生(2年生)
平成30年4月
入学
皆さんはこの学校に、これからの二年間にどんなイメージを持っていますか。未来への希望ですか、それとも不安ですか。私は半々でした。准看護師への一歩を踏み出せたという喜び、未来の自分の想像。それらに対して、勉強についていけるか、テストに合格できるか、クラスになじめるかなどの不安。
しかし、それらの不安は入学してから少しずつですが、和らいでいきました。講師の先生方の趣向を凝らした講義、親身になって話を聞き、やさしく時に厳しく接してくれる教務の先生方、クラスメイトは同年代だけでなく、社会を経験してきた幅広い年齢層で、みんな個性的で気さくな仲間たち、そして実習室や図書室など教室も充実しており、医学や看護についての調べものには困りません。また学校行事も盛りだくさんで、どれをとっても楽しく一年を通して充実した日々を送ることができました。
私は、看護師をしている母の影響を受けて、自分も看護師になりたいと思い、この学校に入学しました。皆さんはどうでしょうか。もちろん、その思いに優劣なんてありませんが、どんな思いも希望も素晴らしいものだと思います。その思いを胸に私たちと一緒に准看護師を目指しましょう。

(c)OTARU MEDICAL ASSOCIATION All rights reserved.