トップページ > 学校案内 > 学校長挨拶
学校案内

学校長挨拶

本学は、小樽市の看護人材を育てることを最大の目標に昭和30年に開設されております。
この信念は現在でも変わることなく、脈々と流れ教職員を含め学校関係者全員の思いでもあります。地域に貢献できる看護職を育てるために、幅広い視野と知性、人間性を豊かに育てることを大切にしております。2年間の教育の中では限られた時間ではありますが、看護の基礎を大切に教え、准看護師としての資格を全員が取得できることを使命としております。その後は個々の事情もありますが、学校としては進学を積極的に勧め、国家資格を持つ看護師となることを、推奨しています。そのため主な進学先である小樽看護専門学校との連携を強化し、入学推薦枠を確保して進学をよりスムーズなものとしております。
高齢化社会が進むなか、ますます看護職への期待が大きいものとなり、本校としても社会で活躍できる准看護師・看護師の育成を目指しているところです。
入学する皆さんの中には、仕事を持ちながら学生生活を送る方もおります。
入学後は多忙な学生生活を送ることと思いますが、教職員一同きめ細やかなサポートを致しますので、ぜひ看護職の道を目指し入学されることを期待しております。

(c)OTARU MEDICAL ASSOCIATION All rights reserved.